たにしの独り言10 鍵のある生活は忘れないがカギ

 先日、Bさんは自分が仕事を担当しているマンションの鍵を紛失してしまいました。鍵のチェックを管理する担当者のサインはついていました。担当者もちゃんとチェックしていなかったのです。大騒ぎになりましたが、結局、鍵はBさんが家で脱いだ服の中に入っていました。
 Cさんは自分が担当するオフィスでカードキーを7回通します。一つのフロワーで7度もカードキーを通す部屋は珍しいですね。またDさんは自分が夜勤の時に煙草を吸いに喫煙室に出かけ、ビル内に戻る際に中に入るためのカードキーがないことに気づきました。日曜日の深夜だったため、ビル内には本人以外に誰もいませんでした。結局、1時間後、夜中にバイクで外部担当者がかけつけ解決しました。
 Eさんはビルの各フロアを早朝に開けるカードキーの操作ができるようになるまで半年かかりました。現在、カードキーのないオフィスビルはないといえるでしょう。これだけ、鍵やカードキーはヒトに欠かせない存在になっているらしいのです。とにかく鍵は忘れない、失くさないことがカギになりますね。
かぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA