たにしの独り言19 やっぱり、どうしても気になる猛暑の夏

 たにしの住む水槽の中はそうでもないんですが、外は依然と暑いらしいですね。
 Cさんは今日も暑い、暑いと嘆きます。
 8月6日に岐阜県下呂市で最高気温が41度になり、今年は7月23日に記録した埼玉県熊谷市の41.1度に次いで高い気温となりました。最高気温の計測は日陰で行われているそうですから、実際にはプラス3~4度になるかも知れません。つまり41度だと45度が最高気温になります。異常気象が原因で、ここ数年で一気に10度も気温が上昇したのです。
 
 世界的にみても今年は一段と猛暑になった[謙二1]ようで、アメリカのデスバレーでは7月に52度に達したようです。50度を超える気温は既に昨年にオーストラリアでも発生していますし、4月にはインドでも50度を超えたらしいですね。まったく、死人が続出しそうな話えです。
 
 このままでは日本も最高気温がぐんぐんと上がっていくばかりです。身近なところではいつもの夏に比べると蚊が少ないことに気づくヒトは多いんじゃないでしょうか。蚊は気温が高すぎると活動しないのです。蝉も夜に鳴く蝉が増えています。昼には道で蝉の死骸がころがっているのが目立つようです。熱中症で死亡するヒトも多いですね。もっと異常気象のさまざまな影響をヒトが想像することができていたら……と考るのは余計なおせっかいでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA