路上記.24「国民的人気漫画家となった やなせたかしさんと水木しげるさんの戦争体験、今も生きる多くのキャラクターたち」

 8月某日に筆者の天野は健康診断を受けに自宅近くの病院に出かけました。そこの待合室で5歳くらいの男の子が母親に寄り添うようにしながら、どこかで聞いたことのある歌を口ずさんでいたのです。歌は「手のひらを太陽に」でした。今も唄われているんだと思いました。
 
 どこかのテレビ番組が取り上げたのか、幼稚園で教えられたのかは分かりませんが、やはり、永遠の名曲なんですね。この歌は漫画家で絵本作家のやなせたかしさんが作詞したものです。今週も先週に引き続き戦争の話になります。今回は戦争に出兵した日本人の中でも、戦後は漫画家として子供たちに「勇気」と「希望」を与え続けた二人にスポットをあてます。
 
 やなせたかしさんと水木しげるさんです。やなせさんは「アンパンマン」、水木さんは「ゲゲゲの鬼太郎」が大人気となりましたので、知らない人はほとんどいないのではないかと思います。
「ゲゲゲの鬼太郎」は現在もフジテレビでアニメが放送されていますし、「アンパンマン」も多くのキャラクター商品が販売されています。晩年にはNHKスペシャルで水木さんが「鬼太郎が見た玉砕~水木しげるの戦争~」(2007年)、やなせさんが「みんなの夢をまもるため~やなせたかし アンパンマン人生」(2014年)も放送されました。二人とも人気キャラクターを描くことで、現在も多くの子供たちに愛され続けています。
 
 しかし、この二人にはキャラクターたちからは想像もつかない過酷な戦争体験がありました。
 
 やなせたかしさんが1961年に作詞した「手のひらを太陽に」は大ヒット曲となりましたが、冒頭でお話ししたように、この歌は誕生して60年近くが経過した今でも、誰かによって唄われ続けているのです。
 「慟哭の海峡」(門田隆将著、角川書店)には、太平洋戦争末期に台湾とフィリピンの間にあるバシー海峡で、敵に撃沈され溺死した多くの日本兵の中で生き残った中嶋秀次さん生涯と、戦死したやなせたかしさんの弟・柳瀬千尋さん、そしてやなせさん一家の戦争体験やご自身の生きてきた道程が書かれています。なぜ、やなさせんが漫画「アンパンマン」を描くようになったか、なぜ漫画や絵本、歌などを通じて「生きる」ということが大事だと主張し続けたのか。それは、やなせさんの出生や生きざまにありました。
 
 父親はやなさせんが4歳の時、新聞記者の特派員記者として中国の厦門(あもい)に赴任中に風土病で死亡、母親が再婚して以降は、親戚の家に預けられました。そして41年に帝国陸軍の野戦重砲兵第6連隊補充隊に入隊し中国に出兵したのです。弟の千尋さんは2年後の43年に海軍の武山海兵団に入団。駆逐艦・呉竹の乗組員となりますが敵の魚雷を受け帰らぬ人となってしまいました。
 幼い頃に父親を亡くし、母親と別れ、たった一人の肉親となった弟も若くして戦死してしまったという現実を受けいれ、それでも決して弟さんのことを忘れなかったやなせさん。復員兵のような服装で常に自己犠牲を自分に強いる「アンパンマン」には、その弟さんへの思いなども含まれているのではないかと言われています。それほど、数少ない肉親の一人だった千尋さんを愛していました。
 
 一方で水木しげるさんは1943年にニューギニア戦線のラバウルに出兵し、爆撃で右手を失いましたが何とか生還し、戦後は生涯を通じて右腕一本で生活し漫画を描き続けてきました。
「ゲゲゲの鬼太郎」を見ても分かりますが、独特の世界観からも水木さんご本人が戦争でどんな体験をしてきたかが想像されます。もちろん、ご自身の漫画でも多くの戦争体験を描いています。
 
 「水木しげるの戦記選集」(宙出版)には、「セントジョージ岬~総員玉砕せよ~」」「硫黄島の白い旗」「地獄と天国」などが収められていますが、「セントジョージ岬~総員玉砕せよ~」では、生き残った日本兵を完全武装した日本兵が攻め殺害したことが描かれています。水木さんは漫画を描いている時には、戦死した兵士たちのことをよく思い出したと話していましたが、戦争のすさまじい現実を目の当たりにしてきたのです。
「地獄と天国」では左手を失った時の様子などが描かれていますが、残った右手も皮膚病に犯され何度も死線を彷徨いました。そんな過酷な体験が原点となり多くの漫画を生み続けてきたのです。
 
 やなせさんも水木さんも既に他界しましたが、お二人の作品やキャラクターは現在も生き続けています。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA