路上記26.突然のスマホのトラブル発生で困窮でも、役立った禅の教え

 スマホやケータイを電車の中で見ていない人はほとんどいませんが、天野もその一人です。今回は生活に欠かせないスマホのトラブル発生と禅に関するお話です。
 8月25日は仕事も予定より早く終わったことから、いつもより土曜日にやる買い物その他の用事も早く終わりました。午後3時には余裕をもってパソコンの前に座り、さてブログを書き始めようかとキーボードのオンを押したのです。
 
 パソコンを立ち上げ画面が開くまで待っている間に、いつも平日にメモを書くアイホーンに目をやりました。ふと、画面のパスコードを見た瞬間に、そろそろ入力数字を変えなきゃいけない、と思ったのです。ま、これは簡単だから、すぐに変えられるだろうと、いつものパスコードの数字を入力し、設定画面から変更画面に移行しました。
 
 しかし、なぜか従来のパスコードを削除し、新しい数字を完全に入力しないままに、入力画面が次に移行してしまったのです。何をどう操作ミスしたのか分かりませんでした。で、新しい番号もメモしないままでしたので、ひたすら勘でパスコードを押したのです。ところがアイホーンはパスコードを間違え入力し続けるごとに5分、10分、15分と待たなければいけないシステムになっていたのです(他のスマホでも同じだと思いますが)・・・知らなかった・・・・。
 
 余裕で始めかけたブログですが、とんでもないことになってしまったのです。
天野はたぶん、顔面蒼白・・で何か、それでも、目を閉じ深呼吸しながら、何とかなるだろうと思っていました。しかし、どうにもこうにもならない・・・・。アップルに電話するか、アイホーンを買った量販店で聞くしか解決方法はありません。自宅の固定電話は使わなくなったので、春に契約を解除したばかりでした。月額の料金にしたらそれ程に高くはないので継続しておくべきだった・・・。
 その日はまたまた猛暑日で、もう改善策を考える力もほどほどない状態が続きました。
 
 いつのまにか午後5時を過ぎていましたが、当日はいろいろ、平日に注文しておいた荷物が届く日でもありました。時間指定で依頼している都合上、宅急便屋さんが来るまでは部屋にいなければいけません。午後6時半過ぎには荷物も全て届いたことから、急いで量販店に出かけました。しかし、アイホーンを買った量販店では扱えないということでした。
 
 次に近くの公衆電話からアイホーンに問い合わせ、改善方法を聞きました。しかし、自宅のパソコンからアイチューンにアクセスしても、うまくいかなかったのです。アイホーンは一年前半前に買い替え、パソコンは一年前に買い替えたばかりでした。実はうっかりしてアイホーンのIDを変更していなかったのです。つまり、アイホーンには前のパソコンのメアドを登録したままでした。これが災いしアイチューンでの改善がうまく進まなかったのです。
 
 午後8時過ぎになって駅近くの携帯ショップに出かけましたが閉店ばかり。もう、明日、アップル専門店に行って改善方法を聞くしかない。最悪の場合、修理に出す状態になるかも。特に現在の昼の仕事は現場に直行直帰なのでスマホが欠かせないのです。とにかく自分を落ち着かせようと目を閉じて大きく深呼吸しました。
 
 しかし、しかし、やっぱり、諦めないことが大事だと痛感したのは翌日のことです。
 早朝、起きてすぐに、なぜか「だめもと」でもう一回だけ、アイチューンでの復元をトライしてみようと思いパソコンをオンにしアイチューンを起動しスマホを接続し操作を始めました。すると、なぜか、スマホの復元が始まったのです。しかも、偶然にバックアップもとっていたのです。え~?こんなことってあるの?この時は本当に驚きました。アイホーンは、ゆっくりと確実に復元をはじめたのです。たまにこんな状態の時があるのです。そう、もう無理かなという状況の時に、大丈夫だと思ったら解決したりすることが・・・。
 
 土曜から日曜にかけて、突然にスマホが起動しなくなるという緊急事態になっても慌ててはいけない・・・・そんなことを大きな落胆の中で、無意識に目を閉じ深呼吸しながら考えていました。目を閉じ大きく深呼吸する・・・・これは禅の教えの一つでもあります。マラソンを走っていた頃は、よく禅書も読んだりしていたので、いつのまにか習慣になっていたのです。
 アスリートやビジネスの世界で働く人たちの中にはよく禅を学び修行する人たちがいます。何より激しい運動や忙しい仕事、生活空間の中では、心を落ち着かせて心身の健康やエネルギー、良い思考を取り戻すには禅の教えは力になるのです。
 
 禅について書かれた本は沢山ありますが、「禅マインドビギナーズ・マインド」(鈴木俊隆著、サンガ新書)(オーディオブックはオトバンク)はアップルの創業者であるステーブン・ジョブス氏が愛読した本としても話題になりました。禅の修行で大切なのは、「姿勢と呼吸で、正しい姿勢で純粋に努力を続ければ全ては正しくなる」・・・・当然のことのようですが、これがなかなかできないのです。ともすれば、呼吸もいつのまにか浅くなってしまいます。
 そして、「万物は完璧な仏の宇宙に対して、バランスを失いながら生きている。だから、仏性を見なければならない」、仏性が何かを理解すると「我々は苦しみの中に生きているが、それは成長することでもあることを知る」というのです。
 
 禅には自分を捨て、何事にもとらわれずに今、この瞬間、瞬間を生きることが大切だという教えがありますが、修行することによって「大いなる心とともにあることを知ると、病気で死ぬ恐れもなくなる。あらゆる局面をおおいなる心の一つとして迎えることができるので、過剰に喜んだり、とらわれたりしなくなる」とも書かれています。このように禅の教えはさまざまな状況で生きてきます。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA