たにしの独り言25「アムラーとスーパースター」

 9月16日に歌手の安室奈美恵さんが引退しました。
 大ファンのOさんはアムラーでした。多くのアムラーがそうしたようにOさんもできるだけ、安室さんのコンサートには出かけていたそうです。安室さんが凄い歌手だということはCDやDVDのセールス記録、雑誌撮影の多さ、メディアへの露出度だけではありませんでした。
 
 最後のコンサートが15日に沖縄で開催された日、全国のアムラーやファンは会場の外でも、音漏れを聞きに各地から会場に詰め掛けました。会社を辞めて来た人もいました。それほどに安室さんはカリスマ性があったのです。
 
 ご存知でしょうが、アムラーとは髪型やファッションを安室さんに似た格好にしている人たちのことです。つまり、できるだけ安室さんをイメージして、安室さんになりきるということです。そうすることで、アムラーは自分の人生を楽しい、生きがいのあるものとすることができるのです。安室さんにはそれ程の力がありました。
 
 いつの時代にもスーパースターは存在します。スーパースターとは人気抜群の芸能人やスポーツ選手のことを意味します。スターとは人気のある芸能人やスポーツ選手という意味ですが、一方で星という意味もあります。
 
 時々に人気のあるスポーツ選手や芸能人で若い間に病気や事故が原因で、惜しまれて急逝してしまう人物がいるのは、スターが星という意味でもあるということと何か関係があるのでしょうか。
 
 スターは星なのですね? そういえば、日航機墜落事故で他界した有名な歌手のSさんは、決して忘れてはならないメッセージを地上で自分の歌として伝えるために、地上にやってきたという逸話を聞いたことがあります。

なりきる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA