路上記・37「脳は100歳でも成長する。常に前向きで、欲求を持ち続けること、睡眠が脳の健康には大事」

 11月12日の週からようやく平年並みになった気温ですが、天野はこの時期が一年で一番に好きな季節です。早朝のまだ暗いいうちに家を出て、帰宅するのも月明かりが映える時間帯です。朝も夜もツンとした冷気が顔にあたるのがいいですね。
 
 仕事は一日中、ほとんど身体を動かす内容ですから、パソコンの前に座ってじっくり考えごとをする時間はありませんが、それでも常に動きながらブログの内容を考えています。もちろん、何か考え事をするには暑い夏以外が適していると思うのは皆、同じだと思います。
 
 物事を考えられるのは脳があるからです。こうしてブログを書けるのも脳が正常に働いて、目や手が正常に機能しているからできることです。天野は現在、肉体労働で生活していますので、本当に身体については敏感です。手足の指一本、怪我しても、風邪をひいても仕事ができなくなってしまいます。だから、健康には人一倍に気を使います。そのように意識できるのも脳が正常に機能しているからです。
 
 今まであまり内面的なテーマを取り上げてきませんでしたので、今回は少し方向を変えてヒトの脳について考えてみます。ヒトに限らず生物は脳を損傷すると生きていくのが非常に困難になってしまいます。とても大切な中枢神経です。
 
 そして、この脳には脳梗塞、くも膜下出血、脳炎、アルツハイマー病など他の身体機能同様に多くの病気もあります。やはり、他人はもちろん、自分を自分として意識できなくなる認知症は恐い病気です。ですから、脳の健康にも十分に配慮しなければいけません。
 
 もちろん、天野は一介の肉体労働者です。医者でも脳科学者でも解剖学者でもありません。ですから、「ヒトの脳はここまで分かった、こんな機能なんだ」などと偉そうに書くつもりは毛頭ありません。あくまで先生方の研究や体験を通して発表された本を拝読し勉強する程度です。
 
 脳に関する本は本当に多いですね。最近に読んだのは「50歳を超えても脳が若返る生き方 加藤俊徳著 講談社+α新書」です。加藤先生は米国ミネソタ大学放射線科でアルツハイマー病などを研究された脳内科医です。帰国後はMRI脳画像を用いて胎児から高齢者まで1万人以上を治療してきました。
 
 加藤先生は本の中で以下のように書いています。まず、脳の神経細胞は1000憶個以上あり、脳は年齢に限らず、100歳でも成長する。使えば使うほど成長するというのです。高齢化社会の日本ですが、その中で女性が長生きなのは男性と比較し、あれがしたい、これがしたいという欲求が高いからで、男性も定年を迎える前、50代で働いている頃からやりたいことなど適度な欲求を持ち続けることが、脳の健康を左右していくといいます。
 
 次に脳の潜在意識を高めていくには、何事も前向きに考えていくことが重要で、ネガティブな気持ちは脳の成長を抑制してしまいます。また、思考が停止するとストレスがたまり、鬱病や認知症の原因にもなります。そして、未来に希望を持つことが重要であると述べています。
 
 「脳が若返り続ける人たち」の一人には、箱根駅伝で四連覇を成し遂げた青山学院大学陸上部の原晋監督の脳分析結果をとりあげています。1思考系、2伝達系、3運動系、4感情系、5理解系、6聴覚系、7視覚系、8記憶系の各脳番地の中で、原監督は左脳の理解系が発達しているから強いチャレンジ精神を持ち続け、監督として戦術を考えることに長けていると分析しています。監督として駅伝でチームが勝つためのアイデアを考え、同時に常に挑戦していくためには、物事を理解する能力が必要だということです。

0fc20120.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA