2018年12月9日

日記

路上記40「太陽がない、夜だけの世界に生きられるか?! ヤフーノンフィクション本大賞『極夜行』で考える極限の世界」

 私たちは意外と日常を当然であるかのように生活していて、その大切さに気づかないことが多いものです。何かを失った時に初めて、その物や事の重要性に気づいたりします。例えば病気をした時には、健康であることの重要性を痛感します。…